乾燥が気になる部分は乳液でパックしよう

朝、洗顔した後、鏡を見たときに頬が乾燥してカサカサしているときがあります。
そんなときは、手持ちの乳液を活用すれば、手軽にお肌をうるおすことができます。
やり方は非常に簡単で、コットンに乳液をたっぷり含ませて乾燥が気になっている部分にのせて2分から3分ほどパックするだけです。
乳液でパックすることでお肌がうるおうだけではなく、お肌がモチモチになって毛穴が引き締まるのを実感できます。
乾燥で毛穴が開いているときにも効果が実感できますので、頭に入れておくと役立つ美容法です。
また、乳液でパックした後はメイクのりもアップします。
いつもと同じファンデーションを使っても、きれいなベースメイクが完成しますので、特にお肌が乾燥していなくても、きれいにメイクを仕上げたいときは乳液でパックしてみましょう。
もちろん、夜眠る前の乾燥肌対策にも最適なので、うるおいのあるお肌を目指している人にお勧めです。
手持ちの乳液で手軽に実践できる他、残っている乳液を無駄にしたくないときにも適しています。